2008年07月01日

7月1日の売買サイン

米国株式市場はダウとS&Pがほぼ横ばい。

原油価格が過去最高値を更新したことを受けたエネルギー株の上げが、一段の信用損失をめぐる懸念に圧迫された金融株の弱さを補った。

ダウとS&Pは1カ月の下落率が2002年9月以来の大きさだった。
またダウは、上期の下落率が1970年以来の大きさとなった。
(ロイター)

原油価格がまたも過去最高を更新しました。
日本でもガソリン価格が180円台になりそうです。
本日の日本市場は、どうなるか見守りたいと思います。

≪米国株式市場≫
■ダウ工業株
  ◎終  値:11350.01(+3.50)右斜め上

■ナスダック総合
  ◎終  値:2292.98(‐22.65)右斜め下


≪前営業日の日本株式市場≫
■日経225先物   13470(−60)右斜め下

≪本日の日本株式市場の予想レンジ≫
13400〜13600

======================
7月1日の売買サインひらめき
======================

寄付き【見送り】

⇒後場大引け決算 ※ロストカット170

======================
posted by shape at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 前場・後場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

≪スポンサードリンク≫

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。